歌川広重

ゴッホが特に影響を受けたと言えるのが、この歌川 広重です。特に彼の作品をゴッホは数多く模写しています。また、フランスの印象派の人々や、アールヌーボー派の人々からも、彼の用いた独特な味わい有る青をヒロシゲブルーと呼んで高く評価していたそうです。

そんな彼ですが元々は、江戸の定火消しの安藤家に生まれて家督を継いでいた人物で、その後に、浮世絵師となっておりました。かつては、安藤広重とも呼ばれていたのですが、後に号である広重と、本姓である安藤を組み合わせて呼ぶのを不適切に感じていたことから、広重自身もそうな乗ったことは実のところ無いのでした。

都内の絵画教室
トラック関係の求人を探すならココ!トラック求人のドラEVERは一般的な要項に加え、車形状、輸送品目などドライバーだから知りたいことまで網羅!とっても検索しやすいサイトとなっております。

生い立ち

歌川豊広の門人として有名な彼ですが、元々は江戸の八代洲河岸(やよすがし)定火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生しました。

文化6年(1809年)2月に母を亡くし、同じくして父が隠居すると、数え13歳で広重が同心職を継ぐことになります。その後同年12月には父が死去。幼い頃からの絵心が勝り文化8年(1811年)15歳の頃、初代歌川豊国の門に入ろうとしました。しかし、門生満員でことわられ、歌川豊広(1776年-1828年)に入門。翌年(1812年)に師と自分から一文字ずつとって歌川広重の名を与えられることになりました。

その後11年後の文政6年(1823年)には、祖父方の嫡子仲次郎に家督を譲って、鉄蔵と改名し後見となってました。そして、家業の火消同心を辞め、絵師に専心しました。

広重は始め役者絵から出発し、その中で美人画に手をそめたが、天保元年(1830年)一幽斎廣重と改め、花鳥図を描くようになります。

また文政12年(1830年)師の豊廣没後は風景画を主に制作しました。天保3年 (1832年)、一立齋(いちりゅうさい)と号を改めます。また一遊斎、立斎とも号しました。入門から20年、師は豊廣だけでありましたが、この頃大岡雲峰に就いて南画を修めています。

そして天保3年(1832年)、36歳の時に正式に職を仲次郎に譲ってから浮世絵師として独立しました。この年、公用で東海道を上り、翌年から「東海道五十三次」を発表。風景画家としての名声は決定的なものとなってました。これ以降は、種々の「東海道」シリーズを発表し、各種の「江戸名所」シリーズも多く手掛け、ともに秀作をみせつけました。また、この間、花鳥画においてもすぐれた作品を出し続け、晩年には美人画3枚続も手掛けています。さらに狂歌本の挿絵も多く残しているのでした。

美術館へいこう

ヒロシゲブルーとは?

歌川広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図等と同じく、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。

この鮮やかな青は藍(インディゴ)の色で、欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれています。ただし、その他の浮世絵でも使われるベロ藍自体はヨーロッパから輸入されたものです。

ヒロシゲブルーは、19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされています。

芸術とデザイン、日本とジャポニズム!

かつて、日本の芸術は、浮世絵や琳派だけでなく、扇子や茶碗といったものまでが、様々な国に渡り、偉大な巨匠達の作品に影響を与えていきました。これを大まかにジャポニズム(日本趣味)と言いますが、今や日本のカルチャーは、そういった昔のものに限られず、日本的な要素を持つものが、必ずしもアートでないものにも用いられるようになっていっています。このサイトではそんな「今現在のネオ・ジャポニズム」と「かつてあったジャポニズム」について解説していきます。

通信で学ぶ芸術